作成:2018/06/25更新:

レンタル彼女の感想 | 東京・池袋で初デートした体験談(5000文字)

レンタル彼女の感想 | 東京・池袋で初デートした体験談(5000文字)

この記事では、東京・池袋でレンタル彼女(レンカノ)と初デートした感想/体験談をお届けします。「レンタル彼女の口コミや評判が知りたい」「実際に利用した人のレビューが見たい」という男性は読むことをおすすめします。

レンタル彼女を予約するまで

レンタル彼女は以前テレビで見たときから気になっていたのですが、実際に利用するまでに至りませんでした。それは、主に予約するまでのハードルの高さが理由です。飲食店や美容室の予約さえ面倒な私には到底無理だと思い込んでいました。

しかし、たまたま週刊誌でレンタル彼女が題材の漫画「彼女、お借りします」を読んだことがきっかけで、「案外面白そう」「レンタルしてみようかな」と再び思うようになりました。我ながら影響されやすく単純な性格だと感じます。

キャスト選び

一番評判の良い/口コミが多い会社を利用しようと決めていたので、サイト選びはそこまで悩みませんでした。ですが、問題はキャスト(彼女)選びです。どの女性も可愛いので、自己紹介やスケジュールの空きとにらめっこしていました。

結局、2,3日悩んだのではないでしょうか。やっとレンタルする彼女が決まり、デートの予約を済ませることができました。懸念していた予約はそこまで大変でなく、キャスト・希望日・待ち合わせ場所・デート時間を入力するだけの簡単な手順です。

唯一、時間をかけたのは希望のデートプランです。レンタル彼女とは言え初デートに変わりないので、割と真剣に悩みました。特に行きたいところもないので尚更です。最終的には一番無難そうな「カフェ」を選択して予約が完了しました。

レンタル彼女に実際に会うまで

「申し込み内容が送信されました」と表示され、すぐに自動返信メールが届きました。そして、その1時間以内にスケジュールの確認中という返事がありました。さすが、会員数1万人を突破している業界最大手だけあって迅速な対応です。

その翌日にスケジュールが確定し、後日予約したキャストから直接メールが来る旨が伝えられました。この時点でデート前々日です。「デート当日まで時間がないけど大丈夫?」と少し不安でしたが、日付が変わってすぐ連絡が来たので安心しました。

キャストの体調不良

しかし、安心したのもつかの間で、運営会社から「キャストさんが体調不良になった」というお知らせが届いたのです。この時点でデート当日まで1日も残っていません。いきなりのことでさすがに戸惑いを隠せませんでした。

とは言え、レンタル彼女の会社にも丁寧に対応してもらい、キャスト3人から代わりの女性を紹介してもらえる運びになりました。私の場合は、ちょうどよく最後まで悩んでいたレンタル彼女が候補に上がっていたので運が良かったと思います。

もちろん、その場でキャンセルすることも可能でした。キャンセル料については説明がなかったですが、さすがに無料だと思われます。デート相手を妥協する必要は一切ないので、「希望した女性以外興味がない」という男性は断ってください。

日時や待ち合わせ場所の確認

その夜に、新しい女性からメールが届きました。おそらくテンプレですが、文章の隅々まで可愛らしく、まるで彼女からのメールのようでした。レンタル彼女なので当たり前だと思いますが、それでも細部まで徹底できるのは素晴らしいです。

こちらも挨拶から入り、日時/場所の確認を行いました。明日のデートで行きたいカフェについて尋ねられたものの、「一番無難そう」という理由で選んだ私には難しい質問だったので、「おすすめのお店があればそこに行きたいです」と返しました。

日が明けて、デート当日。メールを確認すると、彼女が東京/池袋駅周辺のカフェを4店舗、一言感想付きでピックアップしてくれていました。さすが、デートのプロだと思います。イチオシのカフェに決め、池袋に向かう身支度を始めました。

レンタル彼女とのデート当日

ぱぱっと身支度を済ませ、山手線で池袋に向かいました。目指すは、待ち合わせ場所でおなじみの「いけふくろう」。他のブログの感想/体験談を見る限り、いけふくろうはレンタル彼女の待ち合わせ場所としても定番になっているようです。

「遅刻したら申し訳ない」と不安でしたが、予定時間の15分も前に池袋駅に着いてしまいました。特にやることもないので、いけふくろうに向かうことにします。中央2改札を出て、チェリーロードを抜けたら到着です。歩いて2分もかかりません。

いけふくろうをぐるっと周り、聞いていた服装の女性を探しましたが、まだ到着していないみたいです。一旦気持ちを落ち着かせるべく、側にあるお手洗いに手を洗いにかけこみます。ハンカチで手を拭きながら戻ると、彼女が佇んでいました。

彼女との初対面

ただ、こちらにはまだ気づいていないようで、私も本当に彼女なのかという確証が持てなかったので話しかけるのに勇気が入りました。別に「写真と違う女性が来た」という意味でなく、ブログやTwitterで見たままだったからです。

しかし、そんな状況を知ってか彼女に近づくと、すぐに「●●さんですか?」と笑顔で話しかけてきてくれました。初対面とは思えないくらいフレンドリーです。実際に会って話してみるとブログやTwitterで見る以上に可愛かったです。

いけふくろうの前で自己紹介を始めるのも変なので、目的のカフェへ向かいながら話すことになりました。内容は私に対する質問が大半で、仕事のことから「甘い物は好きですか?」のような趣味嗜好まで、会話が途切れることなく聞いてくれました。

池袋のカフェでピクニック

池袋駅から歩いて5分もかからず、目的地の「ラシーヌ ファーム トゥー パーク」というカフェに到着しました。このお店は南池袋公園と隣り合っており、東京有数のターミナル駅池袋の近くとは思えないくらいのどかな環境でした。

カフェではラグの貸し出しも行っており、公園でピクニックを楽しむこともできるようです。あいにくの曇り空で他にピクニックをしているカップルはいませんでしたが、そんなことは気にせずに彼女とのピクニックデートが始まりました。

感想を一言でまとめると、とても楽しかったです。普通のカフェのように隣の席に他のお客さんがいないので、周りの目を気にすることなく会話に集中できました。レンタル彼女とお客さんの関係ですが、あのときは自然なやりとりができたと思います。

突然の雨。カフェの中に入ってデート再開

しかし、数十分が過ぎたときに突然雨が降ってしまいました。降水確率は20%程度だったので運がなかったです。最初は小雨でしたが、途中からピクニックできる天候ではなくなったので、カフェの中に移ることになりました。

カフェ内は同じように雨宿りするお客さんでいっぱいです。満席とまではいきませんが、プライベートなことを少し話しづらい雰囲気でした。とは言え、彼女が話を盛り上げてくれたおかげで、目一杯楽しむことができたのでこれも良い体験です。

結局、雨が上がったのはデート終了時間の15分前くらいでした。まだ初対面してから1時間しか経っていませんが、最後の方は自然に話すことができたと思います。「楽しかったけどこれで終わりか」と感じながら、カフェをあとにしました。

池袋サンシャインシティで散歩デート

その後、彼女の提案でサンシャインシティ方面に散歩することになりました。残り時間はわずかだけど大丈夫なのだろうか。そんな心配をしましたが、最悪延長料金を払ってもいいと思えるデート内容だったので、行かないという選択肢はありません。

池袋駅東口から伸びるグリーン大通りを渡り、サンシャイン60通りに入りました。休日の土曜日だったこともあり、周りの男女はカップルだらけ。その中でレンタル彼女とデートしているのは私だけかもしれないと思うと不思議な気分でした。

そんな思いをしつつ、東急ハンズ横のエスカレーターからサンシャインシティへと降りました。そして、地下1階にある噴水広場までゆっくり散歩し、もと来た道とは違う道から引き返して、待ち合わせした池袋駅で解散する流れになります。

池袋駅でお別れ

いよいよ、レンタル彼女ともお別れです。「初デートだから2時間で十分」と思っていましたが全然足りませんでした。しかも、腕時計を確認してみたら予定時間を20分も過ぎていたので、本当に2時間では余裕で足りなかったと思います。

代金以上に楽しい時間を過ごさせて頂いたので、延長料金は支払うつもりでしたが、事前に伝えられていた金額以上は要求されませんでした。逆に彼女から、序盤に会話で答えた「甘いお菓子」とデート途中で書いたであろう「手紙」をもらいました。

最後は改札前までお見送りしてもらい、このデートで初めて手を繋ぎました。恋人つなぎをしながらデートの感想や次のデートについて話してお別れです。改札をくぐったあとも手を降ってくれて、ホームに上がるまで見送ってくれたのが印象的です。

レンタル彼女と初デートした感想

以上が、東京・池袋でレンタル彼女(レンカノ)と初デートした体験談でした。ネット上の口コミや評判から想像していた以上に満足できました。「レンタル彼女ってどうなの?」と悩んでいる男性も具体的にイメージできたのではないでしょうか。

実は、これで終わりではなく、デート当日の夜に彼女からメールが届きました。お礼とともに、次のデートのお誘いが書かれていました。もちろん強制ではありませんが、これでレンタル彼女にハマってしまう男性の気持ちも分からなくもありません。

2時間のデートにかかった値段/料金

ただ、ハマるにしても借金をしない程度に楽しんでください。正直、レンタル彼女はお金に余裕がある男性の趣味というのが感想です。その証拠に評判/口コミを見ても、30代や40代が目立ちます。10代20代の男子はほとんどいません。

参考までに、今回2時間のデートでかかった値段/料金は「14600円」でした。内訳は、指名料10000円+出張料3000円+飲食代1600円です。あとから返金されましたが、カフェで借りたラグのデポジット(保証金)1000円も負担しました。

「デートの練習をするため」「女性慣れするため」という動機ならおすすめですが、「付き合うため」「彼女の代わり」というのは無理があります。普通の彼女のように週1ペースでデートしていると、あっという間に月額1,20万円を超えてしまいます。

手を繋げるかどうかは状況次第

今回レンタル彼女を体験して感じたのが、手を繋げるかどうかは状況次第ということです。「女性と手を繋ぎたい」と思っている男性が多いみたいですが、確実に手を繋げるとは言えません。「手を繋げなかった」という感想/体験談もあります。

なぜなら、手を繋ぐ行為は基本サービスに含まれていない・レンタル彼女の仕事内容ではないからです。ただ、レンタル彼女もひとりの人間なので、デートの雰囲気や状況次第では手を繋いだり、腕を組んだりしてくれると思います。

手を繋ぐ行為以外にも言えることですが、サービスの強要はNGです。「このブログの体験談に書いてあったから~」というのは通用しません。その対策としてこの感想記事でも彼女の名前や特徴は一切載せていません。その点注意してください。

東京・池袋でレンタル彼女と初デートした感想/体験談まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が、東京・池袋でレンタル彼女(レンカノ)と初デートした感想/体験談でした。初ピクニックデートから、突然雨が降るアクシデント、そしてサンシャインシティでのお散歩デート。はじめてレンタル彼女を体験しましたが楽しかったです。

良いストレス解消になったので、1ヶ月おきくらいで利用するつもりです。もちろん今後はカフェデートだけでなく、水族館や動物園や、他のレンタル彼女とのデートも楽しめたらと思っています。そのときはまた感想ブログを書きます。